HMBサプリとクレアチンの相乗効果

HMBサプリとクレアチンの相乗効果

HMBクレアチンは非常に相性が良く、多くのHMBサプリでも配合されている有効成分です。ダイエットを目的とする場合でも、HMBサプリとクレアチンの相乗効果は高いと言えます。

 

クレアチンは筋肉を動かすエネルギーを造り出す効果があるため、HMBクレアチンの役割分担は、筋肉を動かす司令塔の役割をHMBが果たし、筋肉を動かす燃料供給をクレアチンが行うかたちです。

 

HMBサプリとクレアチンの相乗効果
@ダイエットを目的とする場合でも高い相乗効果が期待できます。
Aクレアチンは筋肉を動かすエネルギーを提供してくれます。

 

クレアチンの特徴

クレアチンは、筋肉中に存在する有機酸の一種で、筋肉を動かすエネルギー源として貯蔵されているものです。

 

人間の身体は、ATP(アデノシン三リン酸)をエネルギーとして使っているのですが、通常ATPは脂肪や糖を原料として合成されています。

 

ところが、例えば、短距離走とか重量挙げなどの急激な運動の場合、筋肉組織で一時的にATPが不足することがあります。こうした場合、クレアチンリン酸がATPを造り出して、エネルギー源を補っています。

 

身体の中に貯えられているクレアチンリン酸が多ければ多いほど、臨時にATPを造り出す能力が高いと言えるのですが、このクレアチンリン酸を増やすためには、クレアチンの摂取が重要になってきます。

 

体内に摂り込まれたクレアチンは、余ったATPと結びついて、クレアチン酸を造り出します。クレアチンをより多く摂取すると、クレアチン酸を多く体内に蓄えることが出来て、結果的に、急激な運動によるエネルギー消費に備えることが出来るのです。

 

クレアチンは、体内のATPと結びついてクレアチン酸を造り出します。急に大量のATPが必要となった場合は、このクレアチン酸が再分解されてエネルギー源であるATPを補ってくれます。

 

クレアチンは食品にも含まれます

クレアチンは、食品としては肉や魚に多く含まれます。また、アミノ酸などから体内で合成することも出来ます。

 

ただし、クレアチンを例えば肉だけから摂取しようとすると、1日あたり1kg程度食べる必要が出てきてしまい、一般の人々には現実的ではありません。

 

体内のクレアチンの量は、体重や筋肉量によって個人差がありますが、体重70kgの人では体内に約120g〜140g程度存在していると想定されます。

 

クレアチンの消費量は通常1日に2g程度ですが、強度の高い運動などでは消費量が増えることがあります。

 

クレアチンもサプリメントなどで補うことが望ましいです。クレアチンをサプリメントで摂取する場合は、1日あたり3,000〜5,000mgを目安にすると良いとされます。

 

HMBとクレアチンの役割分担

HMBクレアチンの役割分担は、筋肉を動かす指示役をHMBが果たし、筋肉を動かすエネルギー供給クレアチンが行うかたちです。

 

HMBサプリメントを摂取して筋肉が増大している時に、クレアチンを摂取すると、より効果的に筋肉を動かすことが出来ます。

 

HMBサプリだけを飲んでいる状態よりも、クレアチンも合わせて摂取した方が筋肉増大効果が大きくなり、効率的に筋肉を増やして、身体のメリハリをつけたダイエットをしたいと考えているなら、見逃せない効果です。

 

クレアチンは筋肉を動かすエネルギー源となるため、脂肪も活発に燃焼するようになります。HMBサプリをダイエット目的で使うときには、クレアチンとの併用は重要です。

 

短期間でダイエット成果を出したいという人は、クレアチンが配合されたHMBサプリメントを選ぶことをオススメします。

 

HMBとクレアチンを同時に摂取すると、より効果的に筋肉を動かすことが出来、ダイエットにも効果が期待できます。

 

HMBサプリの口コミを徹底分析【購入前にチェック!】TOP

TOPページでは、筋肉増強効果があるHMBについて解説し、HMBサプリメントを比較検証して、お薦めHMBサプリを紹介しています。